読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My life in California

主にカリフォルニアでの生活、文化、お勧めレストランについて書いています。Husbandは日本語を全く話さないアメリカ人でカリフォルニア在住。私は長年勤めた銀行を辞め、配偶者ビザ申請中のため日本在住。ビザ取得次第Bay Areaに戻ります!

Jab jab, kick !

I hurt myself...
風邪も引かない、怪我もしない丈夫な私が怪我をしてしまいました。歳!?
 
先週から左腕、特に肘の辺りが痛くて、ひねったかなと思っていたら痛みがドンドンひどくなり、hope it’s not something seriousと思って医者に行ったところ「上腕骨外側上顆炎」と診断されました。原因は、キックボクシング。
 
そう、キックボクシングのクラスを今取っててとっても楽しいんです。ジャブ、ジャブ、キック、腕立て伏せ!といったBoot camp並みの激しさで汗かきまくり。私自身がイグアスの滝状態です。(★アルゼンチンとブラジルに接してる世界3大滝の1つで、私も行ったことがあります。圧巻です)

f:id:cuteluke:20160712013949j:plain

 
 
グローブまで買いました(というか買わされた)。

f:id:cuteluke:20160712013726j:plain

 
手首の形を間違えてパンチをしていたらしく、それが原因で「上腕骨外側上顆炎」になってしまいました。医者に症状を説明し、腕のあちこち触られ「ここ痛い?」と押されたりして(痛いから押さないでー!)、たった5分の診断で病名が判明。さすがお医者さん。でもね、それだけで$300-チャージされました。たかっ!
 
英語で「Lateral epicondylitis」と最初言われて、は??だったので、スマホ取り出して辞書アプリで英語でタイプしてもらいました。「上腕骨外側上顆炎」なんだ、日本語でもよくわからないじゃん。漢字読めないし(ー ー;) 自然治癒を待つしかないみたいです。 
 
キックボクシングのクラスにしばらくいけないのが本当に残念です。。あ、実は医者には言わなかったのですが、腕が痛くなった状態でキックボクシングのクラスに行ってしまいました。彼には止められたのに。どうしても行きたくて。。それが悪化させたみたいです。自業自得。
 
腕を下げると非常に痛いので、彼が「スリング」をしなさいと言ってどこからか引っ張り出してきて、私は家ではこんな状態。

f:id:cuteluke:20160712012627j:plain

 
ちなみにこのスリング、なんだと思います?
実はこれ

f:id:cuteluke:20160712012647j:plain

彼のヘインズのタンクトップ。皆さんも家にスリングがない場合はタンクトップで代用できますよ。
 
しかも、このタンクトップ、英語ではA-shrit (T-shirtじゃなくて)or sweat catcherと呼びますが、びっくりする別名が。私も初めて知りました。
 
Wife beater
 
Whaaat ??  奥さんを殴る人(もの)!?!?
普通に使われる単語らしいです。
 
「じゃあさ、ショッピングモールの受付で、Where can I find a wife beater ?って聞いたら、普通に、⚪️⚪️on the 3rd floor has a great selectionとか返ってくるわけー?」と聞いたところ、「そうだと思うよ」とのこと。
 
ちょっと使ってみたい・・・
 
ネットで語源を調べたらこんなことが書いてありました。
 
It's called a wife beater because usually it's worn by men on those movies and shows that sit around in front of the tv with food stains on their white tank shirts( the wife beater) and who beat up their wives so thats where the name came from. The name came from the stereotype!!