読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My life in California

主にカリフォルニアでの生活、文化、お勧めレストランについて書いています。Husbandは日本語を全く話さないアメリカ人でカリフォルニア在住。私は長年勤めた銀行を辞め、配偶者ビザ申請中のため日本在住。ビザ取得次第Bay Areaに戻ります!

アメリカのトイレ事情

悪い!の一言に尽きます・・・

 
アメリカに来たことある人はご存知かと思いますが、ショッピングモールなどのトイレは、ドア下は床から20cmほどギャップがあり、ドアの隙間も大きい。見えちゃうよ、って。中に人が入ってるか確認するために下から覗く人もいるよね(Occupiedって書いてあるのにも関わらず)。音姫もウォシュレットもありません。そして汚い。
 
ドアの隙間とギャップについて彼になんでなのー?と聞いたところ、「ドアの材料費を削るためだよ」と返ってきた。それは違うでしょ・・・「中に人が入ってるか外から簡単に覗けるため」とも言ってたけど、うーん。プライバシー侵害だよ。彼もトイレ専門家じゃないし。。一説には犯罪防止のためとか。

f:id:cuteluke:20160723072357j:plain

 
レストランのトイレは鍵がかかっていて、お店の人に「Can I use the bathroom ?」と聞いて鍵をもらわないと使えないところがあります。たいていトイレは1つしかなく、だだっ広い。この広さだったら、トイレを2つ作れば人が並ばなくて済むのにって言いたい。その上鍵が壊れていると最悪(たまにあります)。トイレが広いためドアまで手が届かず、ドアを抑えてることができないのです。ドキドキしながら入るしかチョイスはないのだ!
 
サンフランシスコのCity hall近くに、automated self-cleaning bathroomがあります。作られた時は話題になったらしいです。用を足すと勝手に水が流れて洗浄してくれるとか。日本にもありますよね。何度か前を通ったことがありますが入ったことはありません。今後使うこともないと思います。やっぱりpublic bathroomは嫌。
 
サンフランシスコのダウンタウンだったらNeiman Marcusnのトイレがおすすめです。とっても綺麗だし、ドアも床までついていて隙間もありません。(笑)
 
ちなみに、渋谷のヒカリエのトイレがすごいらしいです。フロアごとにコンセプトが異なり、内装も豪華。LED証明や、発電床(踏むと電気が溜まる床)もあり、医学博士がセレクトした曲が流れ、アロマの香りもするそうです。エアシャワールームまであり、衣服についたホコリや花粉、臭いを取ってくれるそう。もちろん授乳スペースも充実。素晴らしい!
 
次回ヒカリエ行く機会があったら絶対チェックします!