My life in California

主にカリフォルニアでの生活、文化、お勧めレストランについて書いています。Husbandは日本語を全く話さないアメリカ人でカリフォルニア在住。私は長年勤めた銀行を辞め、配偶者ビザ申請中のため日本在住。ビザ取得次第Bay Areaに戻ります!

一時帰国して:その① Good and Bad

はい、ただいま日本に帰国しております。

 
やっぱり日本はいいなー♪
 
✔︎友達にも会えるし。
✔︎治安いいし。
✔︎電車が時間通りに来るし。
✔︎お寿司が美味しいし。
✔︎サービス素晴らしいし。
 
サービスと言えば:
 
スーパーでケーキ買ったらレジでうちに着くまでの時間を聞かれ、その時間によってドライアイスの量を調整して袋に入れてくれる。お魚やお肉は汁が漏れないよう個別で小さいビニール袋に入れてくれる。素晴らしい。
 
ドラッグストアで生理用品買ったら外から見えないような袋に入れてくれる。(ま、これはアメリカ生活慣れるとそんなの誰も気にしないって!って思うようになるけど)
 
火鍋を食べに行ったら、カバンに匂いがつかないように布をかけてくれる。(どこのレストランも、カバン置き用のカゴがあるのも嬉しい)
 
お店で友達の誕生日プレゼントを買って「包んでください」って言うと、無料で可愛い包装紙に綺麗に包んでくれる。(サンフランのお店で包んでって言ったら5ドルチャージされたけど、eco friendlyって意味では良いことのかもしれないですね)
 
あと、これ。日本らしいーと笑っちゃいました。舗装工事してる横のsidewalkに矢印がプリントされていて、それをみんな守っている!歩いている人同士がぶつからないようにっていう配慮?!

f:id:cuteluke:20160906152341j:plain

ここは普段まったく混んでいないところ。画面左側は工事中だけど、写真からもわかる通り、このsidewalkの右側は普通に広い歩道なのです。横がすぐ崖、とかならわかるけど・・・私的にはちょっと意味不明。
 
カリフォルニアが恋しい〜!と思うこともしばしば。それはこんな残念賞場面に遭遇した時:
 
✔︎街歩いてて歩きタバコしてる人の多さにびっくり。全席禁煙のレストランがまだまだ少ないことに2度びっくり。迷惑〜。
✔︎おもーいスーツケース持っていても誰もヘルプしてくれない。以前に東京で2回、駅の階段をよっこらしょっとスーツケースを運んでいたら手伝ってくれた男性がいたけど、2人とも外国人でした。
✔︎上記のようにレディーファーストが日本文化に定着していない・・Caliで混んでるBartに乗っていたら男性に席を譲られたことが数回。最初は、え、私妊婦に見えるかい?って思ったり、ナンパか?(大きな勘違い)と思ったりしたけど、普通に女性の私に席を譲ってくれただけ。
✔︎駅のホームで電車が到着してドアが開くと同時に、我先にと入って人を押しのけて席を取ろうとする人たち。Bart(サンフランまで行く電車)もラッシュアワーは混むけど、そんな光景見たことありません。
✔︎他人にフレンドリーじゃない。Caliではみんなフレンドリーで、私も何度も道行く人に「あなたのその服可愛いー」とか「そのサンダル買ったお店教えて」とか言われたことがあります。彼に君はセンスがいいんだねって褒められました。ふふ。電車で隣に座ったおばあさんに話しかけられて車中盛り上がったりしたこともありました。
 
There is good and bad in every countryですね。
そんなどちらの国も大好き。