My life in California

主にカリフォルニアでの生活、文化、お勧めレストランについて書いています。Husbandは日本語を全く話さないアメリカ人でカリフォルニア在住。私は長年勤めた銀行を辞め、配偶者ビザ申請中のため日本在住。ビザ取得次第Bay Areaに戻ります!

一時帰国して:その② ゴミの分別

カリフォルニアでもゴミの分別はするのですが、東京ほど細かく分けません。Public placesでもだいたいこの3つにゴミ箱が分かれてます。
 
▪️Trash 
▪️Compost
▪️Recycle
 
このcompostが厄介なのです。肥料として使えるもの、という意味なのですがどんなものが肥料になるかって知識ない人には難しい。。食べ物の食べ残しはcompostだってことはわかる。新聞もcompostになるらしい。
 
プラスチックのスプーンはrecyclingかと思いきや、compostのマークが入ってるものもあり、それはcompostのゴミ箱へ。紙皿もcompostだったりする。プラスチックというゴミ箱がないので、ベットボトルはRecycleへ。
 
ちなみにこのペットボトル、サンフランシスコでは600mm以下のペットボトル飲料水の販売を禁止する条例が2014年に可決されました。サンフランシスコ市では2020年までにゴミの埋め立て処分をゼロにする計画を立てており、その取り組みの一環だそうです。
 
1本のペットボトルを分解して土に還すまでに1,000年かかるんだって。ペットボトル、なるべく買わないようにしなくちゃ。
 
さて、日本に帰ってきて、今まで目にも留めなかったゴミに関するありがたいもの。
それはカフェでよく見かけるこれ↓。

f:id:cuteluke:20160911144627j:plain

画面右上のに大注目! 「Plastic cups」、「Paper cups」、に加えて「飲み残し Liquid」がある。なんて素敵!
 
カリフォルニアにはこれがないのだー。以前に1人でカフェでお茶して、カップを捨てにゴミ箱に行ったところ、カップに溶けた氷があったのでそれをどこに捨てていいのかオロオロしてしまい、挙動不審の私をみて警備員がやってきた。怪しいことしようとしてるわけではありません!と事情を説明したところ、「そんなのみんな飲み物入ったまたゴミ箱に捨てるよ、君みたいな人は初めてだ」と言われました。
 
家に帰ってから彼に言ったところ、「飲み物入ったまま捨てればいいんだよ」とのこと。でもそしたらゴミ袋が重くなるじゃん、漏れちゃうかもしれないじゃん、ゴミ処理する人可哀想じゃんー。
 
カリフォルニアでは、飲み物入ったままゴミ箱に捨てるのを未だに躊躇する私です・・