読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My life in California

主にカリフォルニアでの生活、文化、お勧めレストランについて書いています。Husbandは日本語を全く話さないアメリカ人でカリフォルニア在住。私は長年勤めた銀行を辞め、配偶者ビザ申請中のため日本在住。ビザ取得次第Bay Areaに戻ります!

夫婦別姓


うちは夫婦別姓です。日本は夫婦別姓は認められていませんが、なぜか外国人と結婚する時だけ認められています。

なぜ夫婦別姓にしたかって? Why not ? 
 
免許証や保険証、クレジットカード、パスポートを変える面倒な手続き一切不要!夫婦別姓したために被る不便さは今のところまったくありません。ひゃほーい!
 
自分の名字が大好きってわけでは全然ありませんよ。むしろ逆。すごく珍しい名字なのですぐに覚えられてしまうというデメリットが。
 
例えば婚姻届を出す前のこと。区役所に国際結婚の場合何が必要なのか確認するために電話をしました。そのあと、私の母親も確認のため電話をしました。当日婚姻届を出しに行ったら受付の人に「以前にお電話いただきましたよね?お母様からもお電話いただきましたね」と言われました。
 
はずかしいー・・・
 
これが鈴木さんとか佐藤さんだったら、たくさんいるだろうから覚えられたりしないし、覚えられたとしてもこの人だって特定はされないよね。
 
とか。
 
婦人科検診に行って、待合室で「佐藤さーん」と呼ばれても誰も気にしないけど、私の名字の⚪️⚪️さーんって呼ばれると、偶然そこにいた知り合いに気付かれてしまったり。
 
ああ、鈴木さんや佐藤さんが羨ましい。珍しい名字によるデメリットは数多くあるのだよ。
 
そうは言っても何年もこの名字で生きてきたし自分のアイディンティです。わざわざ変える気はありません。旦那さんも全く異議はなかったです。
 
特に仕事してたら名字変えるのってとっても不便じゃないですか。
 
母親の影響も大きかったです。定年までバリバリ働いていたキャリアウーマンだった母が昔から言ってたこと。
 
「昔は当たり前のように何も考えずに結婚したら女性が男性の名字に合わせてたけど、外国は夫婦別姓もできるところが多いのよ。あなたが結婚する頃にはきっと日本も夫婦別姓が選択できるようになるから良かったわね」と。
 
Unfortunately it hasn’t happened yet...
 
夫婦別姓が法的に認められてない先進国では日本だけ。私は同姓も別姓も、好きな方を選択できるようにすれば良いと思う。結婚したら旦那さんの姓にしたいと憧れる女性も多いしそれはそれで良いと思います。
 
それにしても夫婦別姓にすると「家族としての絆がなくなる」「家庭が壊れる」と叫んでいる政治家が多いのには非常に残念。夫婦別姓で何十年も幸せな外国人の家族を何組も見てきたけどなぁ。
 
ちなみに、名字(姓)がそもそもない国もあります。例えばブータンでは大半の人が名字がなくてファーストネームだけ。そんなブータン、家族崩壊どころか国民の97%が幸せだと思っていて「幸せ度」が非常に高いことでも有名。一方幸せ度ランキングでは日本は下位。。
 
英語ではファーストネームが先にきますよね。日本では名字が先。「個」よりも「家」が重要視される日本とは対照的。結婚も、家同士が一緒になるという概念は私は好きじゃありません。
 
結婚前に彼がうちの両親に挨拶した時も、「⚪️⚪️さんをください、とか絶対言わないでよ。私は物じゃないんだから。I am not a thing. I am an individual person. I will be your wife and am still their daughter and it won’t change forever.」と念押ししたのを覚えています。彼は「わかってるよ」と苦笑していましたが。
 
さて、こんなサイト見つけました。名字を入れて検索すると、全国に同じ名字が何人いてそのルーツに関する解説も出てくる。
 
なかなか面白い!私の名字は全国に2,000人ほどしかいないみたいです。佐藤さんは189,000人も!(正確な情報かどうかはわかりませんので。It's up to your discretion. 念のため)
 
ほんと、私は悪さしたらすぐバレる・・・